ミシンが無くても 

 

縫わないマスク作り、作り貯めたマスクを除菌して施設へ持って行く。
一日つけていても耳が痛くならないように、呼吸が楽な工夫(企業秘密)も。

高密度フィルターを布でサンドイッチ(熱圧着)してあるので、
軽く洗って数回は使える。
すべての素材を洗濯、高温乾燥し、
仕上げたマスクを滅菌液につけて乾燥後個包装。

温度加減が難しくていくつか焦げてしまった。
時間がかかり、思うような数ができないけど、いいものができたと思う。


resize-20835.jpg
夏バージョンは見た目も涼しく。
resize-20856a.jpg

マスクはウィルスを防ぐ効果はなくても、自分の飛沫を飛散させない効果は
あります。自覚症状が無いままウィルスの運びやにならないように。
周りを不安にさぜないためのマナーマスクをしましょう。
飛沫感染と共に怖いのが接触感染、これはほとんど防ぎようが無い。
極力機会を減らすしかできない。

感染可能性の高い密度が高い場所、店が開店している限り
行くと言ってはばからない考え足らずがいる。
自分のことしか頭にない愚か者、
そんな人が感染しても、病院スタッフは自分の命や
家族の危険も顧みず、治療に当たるんだよ。



category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

今がその時、本気になろうよ。 

 

緊急事態発令や自粛、といった政府の協力要請を
個人の物指しで極端な解釈をしている人が多いように思います。
要請をする目的が見えていないのではないか。

「外出自粛、家で過ごそう」をがんじがらめの強制と捉え、
自分から追い込んでストレスを作っているように感じます。
何が良くて、何が悪いのかをほんとは頭の中では解っている。

自分の感染が認識できないうちに、他人へ感染させている、
ルートを解明できない感染が多いという。
もはや人との接触を避けるしか無い。
三密を避けるというルールができた。
しかし、ウィルスは人が残した軌跡に存在する。
触れた物体にも、口から放たれたマイクロ飛沫にも。

それらをすべて回避できるから、と外出した先で、
交通事故に遭ったらどうしますか。
転んで骨折したらどうしますか。
急病になったらどうしますか。
喉が渇いて自販機でお茶を買う。
ガソリンの給油。
サービスエリアでトイレに入る。

どこにも触れずに行って帰ることができるでしょうか。
救急車で運ばれることになったら、多くの人に
感染させるかもしれない。
そして、受け入れてくれる病院がすぐに見つかる可能性は少ない。
そんなことは万に一つもあり得ない、という自信がありますか。

いますべきことは、今まで当たり前だった日常を我慢して
非常時を受け入れて、その上で工夫して困難な時期を
やり過ごすことではないでしょうか。
すべての人が足並みを揃えなければ、乗り越えられない山です。
日本人だから、日本だから、できると思います。
本気になろうよ。

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

「生きてまた会おう」 

 

星野源さんがアップしている「うちで踊ろう」が俄然楽しい。
人間てなんて楽しい事を考えるのでしょう。
いまのこの時期だから、やろうという心が温かい。
それに表情がリラックスしていて、演奏者も楽しそう。
それぞれの自宅で演奏している様子も窺える。
「生きてまた会おう」凄い歌詞だね、重い言葉だけど
さりげなく伝えてる。

【フルオーケストラ!】星野源 / うちで踊ろう【総勢60人!】


星野源 うちで踊ろう Daniel Baeder version


【エレクトーン】うちで踊ろう/Dancing on the inside/星野源 × Yuki Ishizawa


どんどん広がってる、あなたの好きな「うちで踊ろう」が見つかるよ。

暗い、辛いことばかりの毎日に、一服の清涼剤とはこのこと。
伝わってくる「気持ち」が嬉しい。
ご本人の歌の時は、聞き流していたけれど、広がるコラボが
伝える何かに動かされるものがある。



category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

この冬(春)一番の積雪? 

 

2020年4月14日 14時28分26秒
どんなに雪が少なくても、4月の雪が終わらないと春が来ない蓼科。
これで春が来るのを待つだけだね。
やっぱりスタッドレスタイヤを交換するのは5月中旬。

それにしても雪の蓼科は美しい、行きたい。
コロナめ死ね!



category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

守ること、作ること 

 

コロナウィルス感染の問題が提議することは?
考えられない事態ではなかった、
未知のウィルス感染で、大きな騒ぎになったことはあった。
生物兵器だってありえない話じゃない。

いざ現実となると、政府の対処も含めてこんなにも
無防備な国だったのかと愕然とする。
いつでも「想定外」という言い訳で済ましてしまう政府。
災害も、原発事故も納得できる政策があったろうか。

明日から休業要請が決定された。
それでも、『十分な補償が出ないのなら営業する』と言いきる店主。
何故「緊急事態」を理解しないのだろう。
日本の経済、政治、思想がどうなってしまうのか、という問題なんだけどな。

病院ではマスクも防御服も足らない、
とっくに解決されていると思っていた。
母がお世話になっている介護施設でマスクが足らない。
いまだにこんな状態なのが情けない・・・安部さん!!
もっと厳しく表現してもいいのに、何を恐れているの?
早く収束させるには、徹底した規律しかない。

買い物は10日分、運動は庭仕事や家事、ストレス解消にマスクを手作りする。
キッチンペーパー(A4サイズ)一枚で一つのマスクができる。
同じ型を2枚作って、布用接着テープで貼り合わせるだけ。
息で湿っても口を塞がれにくい。針金が無くてもフィットする。
中に取り替えシートを仮止めテープで貼り付ける。
この方法は布でもできる。

resize5-DSC05011a.jpg

resize5-DSC05010a.jpg

resize5-キッチンペーパー

resize3-DSC05013a.jpg


category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

それ、コロナのせいですか? 

 

もはや緊急事態なのに、小池百合子知事は
「平日の自宅勤務や夜間と週末の外出自粛」を呼びかけている。
オーバーシュートぎりぎりの段階と、遠慮気味の表現。
ニューヨークタイムズは日本は真剣に受け止めていないと批判。
政府はそんなに反響が怖いのか、何を思って腰が引けているのか。

充分に緊急事態、それも間に合わないかもしれない状況。
なぜならば、医療スタッフ、機器が間に合っていない。
感染ルートが判明していない患者が増え続けている。
不要不急の意味もわかっていない人達がうろうろしている。

相変わらずマスクすらかけていない人、
自粛しないことが、勇気あると勘違いしてる人、
あまり制限されるとストレスが溜まり、運動不足になり
体力の衰えが心配だという高齢者。
感染して死ぬことを選択しますか。

パートの収入が減るからと言って
その補償を国に求めるというのも違う様な気がする。
ましてや、事業者がこんな状況ではもう辞めるしかないと言うけれど、
世の中何が起こるか解らない、健康上の理由、事故やケガ
万が一のことは起こりえるのに、その備えはしていなかったのか。
本当に必要とする人に乗じていないだろうか。
今までリスクマネージメントをしてこなかった人ほど
大きな声を上げているような気がします。

もはや人や環境を選ばずに感染者が出ています。
これを緊急事態と理解できないなんてどうかしています。
若い人たちにお願いしたい、こんな時こそSNSを使って呼びかけ、
自粛を徹底させ、完全なコロナウィルス絶滅に立ち向かって欲しい。






category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コロナ自粛がチャンス、思い切って・・・ 

 

なかなか進まない断捨離、目先を変えて
食器の断捨離をしました。

もう器を楽しんでメニューを考えるとか、
気を遣う来客があるとか、
ご馳走の日(お誕生日や記念日)があるとか、
考えるとほとんどない。
二人の食卓は洋定食、和定食程度のメニュー。
たまにイタリアン・・・といってもスパゲッティ。

二人分あればいいよね、と気がつきました。
娘達が来た時は外食、となればだいぶ処分できる。
使い勝手の良い安物ばかり残すことに。
結果、来客用の食器断捨離は段ボール二個。
普段用はどれも2個づつ残した、
食器棚はスカスカ、取り出しやすくなりました。

第二段階はキッチン用品、覚悟を決めて前進あるのみ。
コロナストレスで自虐的になっている今だから
できるのかも。

いずれ自分で処分できなければ、人の手を煩わせる。
今は身軽になることを優先するようになった。

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

美味しいピザが食べたくて 

 

手間無し、簡単にピザが食べたい。
それで以前から気になっていた「ピザ焼き器」をポチッとしました。
4-ピザトースター

早速今夜のメニューに焼いてみました。
一枚は生ハム、二枚目はカニカマ チーズたっぷり。
具はあるもので間に合わせました。
5-DSC04822t.jpg

5-DSC04827t.jpg

冷凍生地ですが美味しかったので、今度は生地を手作りしてみよう。
きょうからピザは手作り、味も手間も★★★★★です。





category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

雪が少ない 

 

友人が山荘を見舞ってくれた、長い留守中なので、
電気関係、水道などのチェックをしてもらった。
暖かい冬だと言っても
暖房していない室内は氷点下だろう。
動いていないと寒くてたまらないと言ってた。

例年は氷点下20℃が珍しくない1~2月、
屋根の雪が凍結してないということは
何より安心できる!
-DSC_0659.jpg

訪ねる人もない山荘は寂しそうに見える。

一方神戸では・・・寒さがぶり返している。
それでも季節は少しずつ春に向かっている。
枯れ葉の下で、たくさんの芽が準備中。
冬枝の剪定と、夏に向けて茂りそうな枝を切り落とした。
数時間の作業をしただけで、夕方には動けなくなってしまった。
完全に運動不足・・・



category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

ブログに感動 

 

あるシニアのブログ
読み進むうちに引き込まれ、感動を覚えた。
シニア世代でもこんなに素敵な生き方をしている人がいる。
お洒落なシニアがいる、輝いて生きてるシニアがいる。

歳だから・・・と思って甘えていた私に、活を入れてくれた
なんだか反省しきりです。







category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

春を感じさせる一日 

 

母の庭から引き上げてきた、ドウダン、ロウバイ、椿が
春近しを教えてくれて、気持ちが明るくなる。
庭仕事をしなさいと、花たちの声がする。
--DSC04784a.jpg

--DSC04806ca.jpg

--DSC04810a.jpg

あらまあ、いつもは7月はじめに咲くテッポウユリが咲いている!
ちょっと気が早いんじゃない。
--DSC04817a.jpg

花に癒やされてつかの間、嫌なこと忘れる。



category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

明けましておめでとうございます。 

 

今年もよろしくお願いいたします。
穏やかな一年でありますように。

蓼科の雪が解けるまでは神戸で越冬です。
今年はいろいろ節目の年、ライフスタイルも見直しです。
今回をもって年賀状挨拶を卒業することにしました。
これからはメールなど、ネットを通じたお付き合いに
切り替えて行きます。
どうぞよろしくお願いいたします。

ご多幸とご健勝を 苔a






category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

良いお正月をお過ごしください。 

 

2019年12月29日 9時26分16秒
我がふるさと蓼科も-10℃、雪も間に合ってスキーヤーも大喜び。
降雪機もフル回転、キッズエリアに降らせています。

心身共に疲れた忙しい一年でした、2020年は良い年になることを願います。
みんなと一緒に自然を楽しみたいと思います。

category: 未分類

tb: --   cm: 2

△top

ご飯を炊く練習 

 

23年前の震災で、ご飯にありつけたのは、二日後だった。
友人が3時間かけて、別の避難所から届けてくれた。
つぶれた冷たいおにぎりの味は忘れられない。

被災直後に役立ったのはキャンプ用品だった。
その経験から、アウトドア用品をそろえている。
小さな固形燃料でご飯が炊ける「メスティン」
キャンパー御用達の「飯ごう」です。
本番で使えないと困るので試してみた。
320-DSC04758.jpg

320-DSC04750a.jpg

320-DSC04756a.jpg

美味しいご飯が炊けた、炊飯器のご飯より美味しい。
重しのメジャーカップのお湯はお茶や味噌汁に使える。




category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

お屋敷でランチ 

 

「がんこ」と言えば居酒屋だと思っていました。
ところがここ「がんこ三田の里」は歴史を感じさせる
庄屋風の建物の中でお食事ができます。
550-DSC04719.jpg

550-DSC04720.jpg

550-DSC04721.jpg

550-DSC04723.jpg

どれもきちんと作られた美味しい味でした。
お庭に遊ぶ野鳥が可愛い、そして花の季節を想像しながら・・・
にわか作りの建物では出せない重厚な雰囲気を楽しみました。

550-DSC04728a.jpg

550-DSC04730.jpg


category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

ボンボンロケット??? 

 

友達が孫に頼まれてボンボンロケットをネットで
購入しなければならないって。
ボンボンロケットってなんじゃ?検索してみた。
https://bonbonrockett.com/
クッキー2

バターサンドクッキーのことらしい。
なかなか人気で買えないのだとか・・・それにしてもお高い!
今年最後のネット販売が12/15の21時ですって。
21時スタートと同時に打ち込んで「送信」
何だか「七つ星の指定席」を買うような気分。
5分もしないうちにほとんどがSOLD OUT。
どんなに美味しいクッキーなんだろう、
73421067.jpg

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

今年は良い味 

 

台風で痛んでいたので諦めていたのに、予想外に味の良い柿が豊作。
こんなこともあるんだ!
肥料も水やりもしないまま留守にしていたのに、頑張ったねと感謝。
●●DSC04645a

●●DSC04646a
●●DSC04644a











category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

SAPAのソフトクリームが、美味しくなってきた 

 

ドライブの楽しみのひとつ、SAPAのソフトクリーム。
いつもバニラだけど、今回はお店の人が間違えて「マロンソフト」
これが美味しかった、たまには間違いもあり?
屏風山PA(下り)です。
5-ソフトクリーム

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

晴れた日はぶらりとでかけたくなる。 

 

もう紅葉は終盤だけど、夕日に照らされたカラマツがきれい。
800-DSC04514a.jpg

800-DSC04519a.jpg

朝晩は氷点下です。

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

いよいよ冬が始まる 

 

二か月遅れの薪ストーブ焚き始め。 落ち葉を焚いて本体と煙突を温める。
煙突が冷えていると空気が上っていかない。
500-DSC04479a.jpg


落ち葉と2㎝太さの小枝が燃え始めたところに、大きな薪をピラミッド状に置く。
3年以上乾燥させたクヌギ薪は嬉しいほどによく燃える。
500-DSC04488a.jpg

蓼科では11月は冬、前半には雪も降る。厳しい寒さと眠りにつく森。
その侘しさをストーブの炎が癒してくれる。
「初焼き芋」は灰受けに入れておく。
500-DSC04487a.jpg

炎が気になるシーナ。お家が危険だと知らせに来る。
500-DSC04497a.jpg
大丈夫、焼き芋ができるからね、というと嬉しそう。
500-DSC04495a.jpg










category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

報道されない被害 

 

信州へ来て知った台風19号の被害。
山の水路が氾濫しドッジボール大の石が道路一面に流れ出た。
水路に落ちた車が橋にひっかかり、流れを止めたため、民家も浸水被害を受けた。
千曲のリンゴ農家も全滅、道路も、鉄道も破壊されて、打ちひしがれる思い。

こんな山の上でさえ、水による被害は大きかった、流れがアスファルトをめくり、
煉瓦の歩道を打ち砕いていた。
人の作ったものは、何て弱いんだろうね。
山から流れ出る水はいまだに勢いもあって、ゆっくりと走った。
片側が崩落していて、一台がやっと通れるくらい。工事は手つかず。

開通した道を下ってホームセンターへ行ってきた。
途中の温泉は被災者無料、いいことだと思った。
木製の食器を衝動買い、竹製のお盆はまな板にできるくらいしっかりしてる。

sec-DSC04468a.jpg

夕食に使ってみた、雰囲気が変わっていいかも。
800-DSC04470a.jpg



category: 未分類

tb: --   cm: 2

△top

 

 

この夏は休日と台風や悪天候が重なったので、
山小屋番人は暇でした。

お天気の合間をぬって
意外に知らない近場のドライブや
カフェ巡りも楽しみ、
木漏れ日のデッキでコーヒー飲みながらの
読書三昧も堪能しました。

JR茅野駅前のSL、ここまで下りてくるとまだ暑さを感じます。
5-DSC04400茅野駅で2ショットa

5-DSC04411a.jpg
ドライブスルーでマックセットを調達、そのまま一時間の山道を戻り
女神湖湖畔で遅いお昼。

sec-DSC04403a.jpg


いよいよ寒くなり、薪を調達したり
雪に備えての準備をしています。
10月は中旬から稼働、11月には
雪が降り出しますが、今年はどうでしょうか。
根雪になるのは年末頃かな・・・

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

貴重な晴れ間 

 

台風前の買い出しやら、病院やら、眼鏡屋さんへも行って・・・
オンシーズン中だけ高級なものをおく地元スーパー。
お弁当も美味しい。
いつもの場所でしばしランチタイム。
640DSC04335.jpg

遊園地から少し離れると静かな白樺湖
嵐の前の静けさか。
640DSC04363a.jpg

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

霧の中温泉に 

 

●●DSC04320

濃い霧の中に浮かぶように咲くコスモス。やがてしとしと雨になりました。
今週末の三連休のお天気は雨のようです。
寒さがぐっと進みそうなので、薪ストーブに切り替えます。

夜中に鹿が家の周りに出没しています。
鹿を追いかけて行ったお友達のゴールデンが、
行方不明になってしまったそうです。
もう3日になるので、心配です。

(追記)
4日後の20日夜遅くに見つかったそうです。
よかった~




category: 未分類

tb: --   cm: 1

△top

三連休 ① 

 

ストーブを焚くくらい寒い日があったかと思うと、数日爽やかな日が続く。
毛糸の帽子をかぶり、フリースをもって山を下りてスーパーへ行ってきました。
下界はまだギラつく夏の日差しが強烈、こっそりと毛糸の帽子を脱ぎました。

三連休は好天に恵まれ、朝から霧ヶ峰へ出かけた若いモンが戻るのを待って
昼から八ヶ岳連峰の絶景が見えるカフェへドライブ。

借り物
蕎麦畑の白い波の向こうで八ヶ岳と蓼科山の青いシルエットを眺める。
こんな風景を毎日眺めて過ごしたら、長生きできるな・・・


●DSC04285

●DSC04286

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

夏の名残り 

 

こちら12℃、神戸だったら初冬の気温です。
室内でフリースを着ています。
まだ意地を張って暖房拒否です。
薪棚はすっからかん、今度来た時のために
薪を発注しました。
●1DSC04219
夏の終わりを告げる山野草が咲き出しました。
蓮華升麻の奥ゆかしい美しさ、今年は蕾が数えきれないほどたくさんです。


category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

 

 

日が暮れて寒いくらいだったので、窓を閉めた。
木陰の山荘は気温が上がらない、
じっとしていると寒い。
hotarubukuro.jpg

10日は白樺湖花火大会、11日は女神湖花火大会と続く。
毎年人出が増えて、いまや駐車場はどこも満杯。
山に囲まれた花火の音は、大音響になる。
湖面一面を染めて花開く花火は美しい。
でももう見に行かない、人込みが苦手。
年寄りは家で音だけ聞く。


category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

 

 

今年は森の中でも熱を感じる暑さです。
デッキでパラソルを手入れしたり、
椅子を拭いたり、日差しの下での作業は堪える。
宅配の人が来たのでドアを開けると
広いから冷房大変ですね、って言われた。
扇風機も使ってない、建物の高断熱を実感する。

ここのところ夕方になると、凄まじい雷と雨。
網戸が洗われてきれいになった。

停電の備えとしてソーラーライトに充電しました。
suwaoki.jpg


category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

もうすぐ梅雨明けらしい 

 

今年はなんとも優柔不断な気候ですね。
それでも梅雨明けは間近だそうです。
7月、8月はストーブの薪がいらないと思っていたけど、
心配になってきました。
デッキで星を見るときは、フリースが必要です。

野鳥、山野草、の写真です。

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top